HOME>トピックス>住宅ローンに困ったら任意売却しよう!売却の際の注意点を紹介

住宅ローンが払えない時は任意売却という方法がある

どんなに計画的に行動していても、ライフスタイルが変化して、思いがけずローンの返済が困難になることもあります。ローンの支払が苦になったら、無理をせずに任意売却を検討しましょう。任意売却ならローンが残っていても住宅を売却できるので、苦しいローンの返済から開放されます。

任意売却するときの注意点

部屋

物件をメンテナンスしておく

ローンの返済に息詰まると、心に余裕がなく物件が荒れてしまうことがあります。物件が荒れていると高額で売却することができなくなってしまうため、きれいに管理しておきましょう。特に見学会が始まれば、購入希望者が物件の中を見に来るので、室内をきれいに整えておくことが必要です。

早めに決断する

任意売却の手続きは、3ヶ月から6ヶ月程度の時間を要します。すでにローンを滞納していて督促が始まっている場合は、任意売却を行う前に住宅を競売にかけられたり、差し押さえにあう可能性があったりします。そのため、任意売却はローンの返済がこの先困難であると確定した時点で、早急に手続きに取り掛かりましょう。

任意売却を専門とする不動産会社に依頼する

一般的な不動産会社でも物件を買取してもらうことは可能ですが、自己破産や管財手続きといった法律上の手続きはできません。法的手続きを行うためには、不動産会社とは別に弁護士にも相談しなければなりません。不動産会社と弁護士、2つの専門家に相談すると上手く連携が取れないことがあるので、法律に明るく物件の買取も行える任意売却専門の不動産会社に依頼しましょう。

住宅ローンに困ったら任意売却しよう!売却の際の注意点を紹介

男女

不動産を売りたいなら複数の業者に査定してもらうのがおすすめ

同じ物件でも、不動産会社によって査定額は異なります。少しでも早くローンの支払から開放されたいと焦っていると、物件を安く売却してしまうことがあるので注意しましょう。せっかく物件を売却するのであれば、焦らずに複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。複数の不動産会社に物件を査定してもらった上で、最も高額で買取してくれるところに依頼するという流れが理想的です。査定前には物件の設備を修理したり、室内を清掃したりしておくなど入念に準備を行いましょう。