HOME>コラム>購入意欲がそそられる!横浜中古マンションの特徴

購入意欲がそそられる!横浜中古マンションの特徴

マンションの模型

中古リノベーションマンションが注目されるわけ

今横浜市内ではリノベーションされたマンションに人気が集まっています。横浜市は人口の急増がもとで都心から離れた地域で開発が進むことになり、新築マンションも郊外で建つようになりました。そのため新しいマンションでは、購入価格が高いだけでなく通勤にも不便となっていました。そこで見直されているのが、都心にある横浜中古マンションです。まず外観は多少古くても、住居に関してはリノベーションが終わっていることで新築同様の良さがあります。備えられている備品にも最新の物が使用されており、内装においては全くの新築と変わりません。新築同様になっていながら、価格は中古価格での購入になるメリットが生まれて来るのです。そして古くからあることで立地条件の良い場所にあり、通勤や買い物に不便さを感じない良さがあります。

部屋

中古リノベーションマンションを選ぶ時のポイント

新築マンションでも中古マンションでも購入後に資産価値は下がると言われています。ですがリノベーションされたマンションは、普通の中古マンションより価値は下がらないのが常識です。そのため中古マンションを購入してからリノベーションするのと、リノベーションが済んだマンションを購入するのでは、資産対策には良い方法となります。その理由からか今横浜市内にある中古マンションに見られる傾向として、リノベーション工事を終わらせてから売り出すことです。新しく購入する人が改めてリノベーションをするのではなく、販売の段階で工事が終わっているのです。そのため横浜中古マンションを購入しようと考える人には、非常に便利なものとなっています。購入後の費用が先に払うことによる便利さが生まれるのです。間取りや設備品に気に入った時購入条件として考えるのが、横浜と言う土地柄耐震性を確認することです。東京直下型地震でも大丈夫な作りであると安心出来ます。