マイホームを購入したいなら情報収集が大切

マイホームは、一生に一度の大きな買い物です。いい加減な気持ちで選んでしまうと後々後悔することになりかねないので、購入する際には事前に情報を集めて、じっくり吟味しましょう。

注文住宅と建売住宅のどっちを購入するのがいいの?

理想が実現する・注文住宅

設計から始まる注文住宅は、間取りから壁紙に至るまで、発注者の理想通りの住宅を建設することができます。理想を詰め込みすぎると費用は高くなりますが、安い建材を使用するなど、工夫を凝らすことで安価に住宅を手に入れることも可能です。

実物が確認できる・建売住宅

建売住宅は、住宅展示場に足を運べば実物を確認することが可能です。カタログではわからないことも確認できるので、安心して住宅を選べるというメリットがあります。また、すでに建設が完了していることも多いので、契約を結べばスピーディに住宅を購入できるという点も大きな魅力だといえます。

予算を考えるなら中古住宅もおすすめ

より安価に住宅を手に入れたいという場合には、中古住宅を候補に入れましょう。中古住宅の中には、建設してすぐに手放されたような住宅も存在します。急な転勤で手放された住宅などは新築も同様なので、中古住宅の中でも築年数の浅い物件を探してみましょう。不動産会社に相談すれば、思わぬ掘り出し物に出会えるかもしれません。

マイホーム探しの手順を紹介

男女

インターネットをチェック

インターネット上には、不動産会社のホームページがたくさん存在します。不動産会社のホームページには取り扱っている物件の情報が掲載されているので、理想にあった物件を探してみましょう。

不動産会社に相談する

気に入った物件を見つけたら、取り扱っている不動産会社に相談しましょう。ホームページ上では確認できなかったことなど、疑問点や不安点を尋ねてみるといいでしょう。

物件を見学する

購入を決める前に、必ず物件に足を運んで実物をチェックしましょう。設備は問題なく使用できるか、雨漏りやカビなど問題はないか、入念にチェックしておくと安心です。

複数の物件を比較する

手に入れたい物件が決まっていても、実際に見てみると理想とは程遠いということもあります。反対に、購入を検討していなかった物件が、実際に見てみると気に入ってしまうということもあるので、1件だけでなく複数の物件を見学して比較しましょう。気に入った物件を見つけるためには、多少時間を掛けてでも自分の足で探すことが大切です。

不動産会社選びは担当者の対応がキーポイント!マイホームを建てよう

男女

住宅展示場を賢く利用しよう

逐一不動産会社にアポを取って住宅を1件ずつ見学するというのは、多くの時間と労力を費やします。もっと手軽に優良物件を探したいという人は、一度に複数の物件を見学できる住宅展示場を利用しましょう。住宅展示場であれば短時間で複数の物件を見て回れる上に、メーカーのスタッフと直接話せるので、インターネットで情報収集をしたり住宅メーカーのカタログを見たりするよりも確実な情報が手に入ります。

部屋

不動産選びのコツを知ろう

優良物件を見つけるためには、優良な不動産会社を見つける必要があります。不動産会社を探す際には、担当者の人柄に着目しましょう。実際に物件を探しているという旨の相談を持ちかけてみて、担当者が親身になってくれるか否かがポイントだといえます。物件のメリットばかりではなく、デメリットも正直に教えてくれる担当者は、信頼に値するといえるでしょう。適当な物件を紹介して契約を迫るような担当者は、会社から課せられたノルマを達成するために焦っている可能性があるので注意が必要です。入居者の立場に立って、丁寧に物件を紹介してくれる担当者のいる不動産会社を利用してください。